長野善光寺には「トレイルランニング」と言うイベントがある?

スポンサードリンク

長野善光寺には「トレイルランニング」と言うイベントがある?

善光寺で行われている「トレイルランニング」というイベントをご存知ですか?

正式名称は「善光寺ラウンドトレイル」といいます。

実はこの「トレイルランニング」ですが、なんと!スポーツ好きに昨今、注目を集めています。

しかしこのようなスポーツ祭典が由緒ある善光寺で行われているのは少し風変わりで面白い趣旨と言えます。

はたして善光寺ラウンドトレイルとは、どのようなスポーツなのでしょうか?

以下では善光寺トレイルランニングの概要をまとめています。

画像引用先:信州トレマンの日々

まず・・「トレイルランニング」とは?

「トレイル」とは、コンクリートなどで舗装された道路ではなく、森林や山道に無造作に造られた小道のことです。

その小道をランニングするので「トレイルランニング」と呼び別名で「山岳レース」とも呼ばれます。

陸上競技の中距離走の一種とされおり、自然の状態で「舗装されていない山道」を駆けるランニングが「トレイルランニング」です。

山道なので蛇んやらイノシシん、クマんが出没する可能性もあるわけで、危険が伴うデンジャラスなレースでもあります。ヒャ~..んふ

善光寺トレイルランニングは善光寺後援のイベント

善光寺トレイルランニングは、善光寺ラウンドトレイル実行委員会という団体が主催し、善光寺がこれを後援しています。

レースそのものは善光寺の境内で行われるわけではなく、善光寺を見下ろす長野の里山エリアで行われます。

善光寺はあくまでも後援とのことですが、里山からは善光寺をはじめ、善光寺平と呼ばれる長野盆地を一望できる絶景を楽しむことができます。

善光寺トレイルランニングの開催日は例年4月20日頃

善光寺ラウンドトレイルは2015年~2017年の開催実績があります。

例年1月にはエントリーをスタートし3月下旬に締め切り、開催はその約1ヶ月後となる4月20日頃です。

【参照】歴代の開催日

2016年は4月23日(土)、2017年は4月22日(土)、2018年は4月21日(土)、2019年4月13日(土)

と、いずれも土曜日の開催でした。

善光寺ラウンドトレイルのコンセプトのひとつに、善光寺の里山と善光寺平の「4月下旬、初春の景色を楽しむ」というものがありますので、今後しばらくは時期の変更はほぼ無いかと思われます。

2018年の大会概要はいまだ公表されていませんが、同様に1月に募集を開始し、4月下旬にレース本番となる可能性が高いでしょう。

 2020年の大会開催日

  • 2020年4月中旬〜下旬の土曜日

善光寺トレイル大会概要

善光寺トレイルの大会概要は、以下のようになっています。

スタート時間と終了時間

午前11時スタート、14時30分表彰式、ゴール制限時間:16時まで

コース

コースは、ロング17km、ショート7km、キッズ2kmの3種類です。

・ロング:地附山公園→大峰山→葛山→頼朝山 往復
・ショート: 地附山公園→大峰山→地附山公園
・キッズ:大会ホームページで公開がありません。発着点は地附山公園です。

画像引用先:ZENKOJI ROUND TRAIL

コースは標高約1100mの山道や森林の小道をランニングしますので、酸素濃度が変わります。

足腰・心臓の弱い方や事前にトレーニングをしていない方は出場の可否をよく検討してください。

善光寺トレイルランニングの所要時間

17km(男子):平均所要時間:約4時間(制限時間5時間)
17km(女子):平均所要時間:約5時間30分
7km:平均所要時間:約1時間15分

定員

定員は、ロング500名、ショート300名、キッズ200名の合計1,000名です。
募集開始より、定員になり次第締め切りです。

申し込み方法

大会参加申し込みは、ホームページの申し込みフォームからのみとなります。

 善光寺トレイルホームページ

募集期間

2018年1月14日(日)PM9時~3月30日(金)
※定員になり次第締め切りとなります。

参加資格

ロング:高校生以上
ショート:中学生以上
キッズ:小学生(1/2年生、3/4年生、5/6年生の部それぞれ分かれています)
それぞれ健康であること、かつ自然に対する配慮とマナーを守った大会参加が条件です。
18歳未満は保護者の承諾が必要です。

参加費用

ロング:5700円
ショート:3800円
キッズ:1500円

参加賞

大会オリジナルTシャツ その他

表彰

ロング、ショート、キッズ1/2年生、3/4年生、5/6年生各部門1~6位が表彰されます。
このほか、ロングでは男女年代別1~3位の表彰があります。
(29歳以下、30代、40代、50代、60歳以上)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






【補足】トレイルの持ち物

走れる格好

ジーパンは不可です。登山専門店に行けば専用のウェアやパンツなどが販売されています。トレイルは通常の登山とは異なりますので、できるだけ専用のウェアを買い揃えた方が無難です。

ランニングシューズ

トレイルは山道を走破するので強度が備わった機能的なシューズが必要不可欠です。
トレイル専用のシューズも登山の専門店やスポーツ用品店に行けば販売されています。

ソックス(靴下)

マメや靴ズレが発生しそうな箇所のみ厚手で蒸れない抗菌の機能性ソックスを用いるようにします。

リュックサック(バックパック)

丈夫で身体にフィットするリュックサックを選びます。特にトレイルではストローが付いた給水システムが組み込まれたバックパックという機能的リュックサックが販売されています。

レインウエア

ウインドブレーカーでも可能です。撥水性が高く強度があり透湿性を兼ね添えたものがベストです。

懐中電灯

トレイルは走破しますので、頭に付けることができるタイプの懐中電灯を選ぶようにします。
日が暮れてきたらライトがないと不安になりますが、懐中電灯があれば安心です。交換用の電池もお忘れなく!

地図・コンパス

山道に入る者にとってはコンパスや地図は必需品です。
コンパスは狂いが少ない登山用やミリタリー物(軍用)を選ぶようにします。
地図はコースの周辺付近が詳しく載っている地図を選びます。通常の書店などでは販売していないことが多々あります。お買い求めは専門店で。

時計

時計は防水使用で強度があり、心拍数が図れるような時計が賢明です。

携帯電話

トレイルにおいての携帯電話とは緊急用です。従って、携帯電話はスマホタイプよりも「ガラケー」と呼ばれる折りたたみタイプの方がトレイルには向いています。
ガラケーに保護カバーを付けて防水仕様にして強度を高めておきます。スマホタイプは強度に問題があります。

食糧・水

ゼリー状のエナジージェルが最適です。身体を動かしていますのでゼリー状のものだと身体が吸収しやすく最適です。
食べ過ぎると虫歯になりますがチョコレートなども有用です。

救急用品

ぬかるみのある山道などでは滑り落ちたり、コケたりすることがあるかもしれせん。
そこで「ファーストエイドキット」と呼ばれる救急セットが有用です。
捻挫した時のために足を固定するテープやバンドエイド、消毒液などが入っています。

ボトルホルダー・コースカード

バックパックの水がなくなった時は、腰などに付けるタイプのボトルホルダーが有効的です。
またコースのMAPをリュックサックに収納しておくのではなく、首から下げることのできるカードホルダーへ収納しておくことで瞬時に取り出すことができます。

ティッシュ

トレイルの最中、クソを垂れたり、ションベンを射出する場合はすべて「野グソ」になります。
野グソを挙行しますので、ケツ穴を拭くティッシュが必要になります。
クソを垂れ終わった後、ケツ穴をしつこく拭くタイプの方は多めのティシュペーパーが必要になります。
ただし、あまり多すぎると荷物になります。野グソまでは至らない上品な磨呂育ちの方は携帯用トイレもあります。

帽子

夏場であれば日差し除けに帽子は必要です。長時間ランニングしますので、直射日光を浴び続けると熱射病になります。

防寒着

逆に冬場であれば防寒着は必需品になります。ランニング中は身体が熱をもっていますが、終了した後、急激に冷えて風邪の原因になります。

善光寺ラウンドトレイルへのお問い合わせ先

主催:善光寺ラウンドトレイル実行委員会
住所:〒380-0813長野県長野市鶴賀緑町1618-6(共立プラニング内)
TEL:080-9215-7032(大会用携帯)
FAX:026-238-8870
E-MAIL:zrt@kyoritz-p.co.jp

翌日には善光寺お朝事ツアーも!

善光寺ラウンドトレイルでは、翌日に「善光寺お朝事・お数珠頂戴ツアー」を開催しています。

レース翌日の朝に集合し、善光寺参りも一緒に味わうことができるので、ラウンドトレイルに参加した折には、翌朝の参拝もぜひ予定に組んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ