長野県・善光寺「十八の丁石」「48の参道の幻の燈籠」

スポンサードリンク

長野県・善光寺「十八の丁石」「48の参道の幻の燈籠」

%e9%95%b7%e9%87%8e%e7%9c%8c%e3%83%bb%e5%96%84%e5%85%89%e5%af%ba%e3%80%8c%e5%8d%81%e5%85%ab%e3%81%ae%e4%b8%81%e7%9f%b3%e3%80%8d

善光寺「十八の丁石」の読み方

善光寺の境内には、難しい漢字の表記で記載されたお堂や仏像がありますが、「十八の丁石」は「じゅうはちのちょうせき」と読みます。

ところで・・「十八の丁石」とは?

十八の丁石とは「十八」と「丁石」に分けて読むと分かりやすいです。

十八とはそのまま十八ですが、十八の由来とは阿弥陀如来の「四十八の大願」の「十八番目」の「念仏往生の願」に由来したものになります。

「四十八の大願」とは阿弥陀如来が法蔵と呼称される人間のインド王であった頃、仏教に開眼し王族と言う高貴な身分を捨てて僧侶に転身しました。

転身した後、人々を救済する方法を探すために長考することになります。

この長考こそが「五劫思惟」と呼称されるものであり、この時、阿弥陀如来(法蔵)は「四十八の大願」を掲げて、必ず人々を救済して極楽浄土へ導くための悟りを得ることを誓います。

この後に法蔵は仏へと生まれ変わり、阿弥陀如来となっています。

そしてこの「四十八の大願」の中でもっとも大切な誓いとなるのが十八番目の「念仏往生の願」になります。

念仏往生の願とは、法蔵が長考の末に得た悟りの1つの境地であり、念仏と唱える者は極楽浄土に行くことができると言う誓いのことです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






意外さに蒼白・・。長野駅と十八番目の願「念仏往生の願」の関連について

実は現在の長野駅の立地は「十八番目の願」に基づいているとしたら、驚きますでしょうか?

1888年(明治21年)に、長野駅の建設の話が持ち上がり、立地を何処にするかが連日話合われたそうです。

その時に決定的な意見が突如、発言され、その意見と言うのが善光寺の御本尊である阿弥陀如来の「十八番目の願」に基づいて、善光寺・本堂から十八丁の位置に建設するのはどうか?と言った意見でした。

ちなみに一丁とは約100m~109mぐらいの長さであり、これに18を掛けると1800m~1962mとなります。

つまり約1.8kmから2kmと言うことになり、この1.8kmと言う数字にも由来して意見がまとまりました。

その後スグに長野駅の建設が着工され、その時に駅構内のコンコースに十八丁の場所を示す石碑を建てよう言うことで十八丁の石碑が建てられました。

この石碑は現在も長野駅構内のコンコースに現存しており、駅が営業している時間帯であればいつでも見学することができます。

また十八丁以外の例えば「十五丁」など言った石碑も建てられており、これらの石碑は長野駅から善光寺へ続く参道で見ることができます。

片道だけでも結構ですので善光寺へ来られたら、是非!長野駅から善光寺まで歩いてみてください。

参道の脇には「~丁」と書かれた石碑を見ることができます。

%e9%95%b7%e9%87%8e%e7%9c%8c%e3%83%bb%e5%96%84%e5%85%89%e5%af%ba%e3%80%8c%e5%8d%81%e5%85%ab%e3%81%ae%e4%b8%81%e7%9f%b3%e3%80%8d1

参道にある48の燈籠とは?

長野駅から善光寺・本堂へ続く参道には上述の「十八丁の石碑」だけではなく、燈籠も建っています。

%ef%bc%94%ef%bc%98%e3%81%ae%e7%87%88%e7%b1%a0古来、この燈籠は48基あったと伝えられていますが、実際には28基しか確認されていません。

これには理由があって、かつて戦後にはこの参道にアーケード(天窓のついた屋根/=商店街で良く見かける屋根のこと)が設営されており、その影響で燈籠が撤去されました。

こうしてかつて48基あった燈籠も姿を消しましたが、近年、このアーケードが撤去されたことによって燈籠を復元しようとする動きが出てきました。

そこで序々に復元が成され、現在では28基もの燈籠が復元されています。

尚、この燈籠の復元は一般の方からの浄財(寄付金)によっても賄われており、善光寺では浄財の寄付を募っています。

燈籠の復元事業の寄付金は一口1万円であり、寄付した方は銅板に名前が彫っていただけ、その銅板が燈籠に付けられて後世にまで名前が永遠に残せるようになっています。

寄付されたい方は是非!善光寺までお問い合わせください。

  • 住所:長野県長野市元善町491
  • 電話:026-234-3591
善光寺・参道の燈籠の造り・材質など

  • 燈籠の型:春日型灯籠
  • 燈籠の屋根の材質:ヒノキ
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ