異説の🐮「牛に引かれて善光寺参り」【その1】

スポンサードリンク

「口碑伝説集」に見られる牛に引かれて善光寺参り

その昔、1人の老婆がおったが、ある時、機(はた)を織ろうと考え、川に絹糸を浸していたのじゃった。ふぉっふぉっふぉっ…..

そこへ牛を引いた若者が通りがかり、糸を見るなり行き足を止めて老婆に話はじめた。

「もし!そこのお婆さん。その絹糸をほんの少しで良いので分けてはくださらぬか?」

老婆は不思議しぎしぎ摩訶不思議な面持ちを浮かべながら、しばらく若者をボ〜っと見ていた。

すると突然、堰を切ったように若者へこぅ告げた。

「ちょぃとお前さんよ!一寸の糸(約3メートル)だって手間暇がかかってんだ!タダでなんてやれないよ!」

若者は口を閉ざし、シュンと萎縮してしまったが、突如、若者が連れていた牛が暴れ出したかと思いきや、老婆の絹糸を角に引っ掛けて何処かへ走り去っていった。

老婆は一瞬、慄いたがハっ!と我に返ると、女の尻‥‥ではなく、牛の尻!!を追っかけた。

画像引用先:https://ja.wikipedia.org/

やがて牛は善光寺の中にある堂へ入っていき、老婆も女‥ではなく牛の尻を追っかけて善光寺の堂へ入る。

‥‥と、突然、目の前に急に先ほど牛を引いていた若者が現出し‥‥たかと思いきや、なんとぉぅ!

たちまちのうちに慈悲円満の如来へと姿を変え、堂の奥へスぅ〜と、煙が失せるように消えていった。

老婆は先ほどの若者が如来の変化した姿だったことを悟ると、その場にひれ伏して如来を拝した。

こぅして老婆は善人になることを如来へ誓った‥‥‥という話。ちゃんちゃん

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ