長野県・善光寺「回向柱(歴代ふくむ)」

スポンサードリンク

長野県・善光寺「回向柱(歴代ふくむ)」

善光寺・回向柱

大きさ

  • 高さ:約10メートル
  • 直径:45㎝角
材質

  • 木製(杉・赤松など)

善光寺・回向柱の読み方

善光寺の境内には読みにくい漢字のお堂や仏像がありますが、回向柱は「えこうばしら」と読みます。

回向柱とは?「回向柱の役割り」

回向柱とは、善光寺で7年に1回だけ行われる御開帳が終了した後に建てられる柱のことを「回向柱」と呼びます。

歴代の回向柱は御開帳のシンボルでもあり、「卒塔婆の一種」とも言われています。

卒塔婆(そとば)とは、通常は仏舎利(お釈迦さまの骨壷)を奉安するために造られる「塔」の形をした建造物のことを言います。

回向柱は木製で出来ているため、時間と共にすり減っていく柱でもあります。

なので、歴代回向柱は古いものほど長さが短いです。

もともとは約10メートルもの巨大は柱ではありますが、約60年前に造られた柱は約30センチほどにまで小さくなっています。

なお、回向柱は善光寺の本堂以外にも、善光寺・釈迦堂(世尊院)にも建立されます。

善光寺・釈迦堂(世尊院)の回向柱は少し小さめですが30㎝角高さ6メートルとなります。

回向柱の文字(梵字)の意味

回向柱には、インドの文字(梵字)で大きく墨書きされています。

この文字意味は、上から「空 風 火 水 地(キャ カ ラ バ ア)」と書かれています。

意味は、広大で無限の宇宙を表現しています。

仏教において、宇宙とは5つの要素で成り立っていると考えられており、その要素と言うものが「空 風 火 水 地」になります。

回向柱は触れるだけで、ご利益満点?

上述の5つの要素を色で表現する時に、青、黒(紫)、赤、白、黄の5色で表現されます。

この5つの色は御開帳の時などに「善の綱」と呼称される「1つの紐」となって回向柱に繋がれます。

「善の綱」のもう片方の繋がれる先は、前立本尊の右手の中指と繋がれた「金の糸」の先に繋がれます。

つまり、これで前立本尊と回向柱が繋がったことになり、回向柱に触れることによって、前立本尊に触れた事と同じだけのご利益を授かることができると言う解釈になります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






御開帳が終わった後の回向柱は何処へ~?

御開帳が終了すると回向柱は経蔵の裏に移されます。

経蔵の裏には歴代の回向柱が安置されており、時代を経るごとに土に還っていきます。

つまり、時を経るごとに、だんだんと長さが短くなって行くといったことになります。

回向柱は御開帳の時に、松代町から牛に引かれて善光寺へ運ばれますが、その時の引き縄に触れると功徳が得られるとも言われており、現在でも大勢の人が回向柱に触れようと人だかりができます。

恐怖?!善光寺に真っ赤な「血の色の回向柱」が存在する?!

実は、善光寺が菩提所としている西方寺(さいほうじ/善光寺・仮本堂)には、真っ赤の血の色をした回向柱が存在するそうです。

この場合の「菩提所」とは、ご本尊を遷した場所と言う解釈になります。

つまり、善光寺は過去に数回、火事に見舞われていますが、その度にご本尊を遷して避難させています。

その遷した先と言うのが、善光寺の境内の向かって西側に建立されている西方寺です。

  • 「1615年(元和元年)3月13日の大火災」
  • 「1700年(元禄13年)7月22日」

なお、「1700年」の火災は被害が大きく、「1707年(宝永4年)8月13日」までの約7年もの間、西方寺が善光寺の仮本堂となっていました。

そして、西方寺の血の色の回向柱ですが、見た目とは異なり『命の回向柱』と呼称されており、ダライ・ラマ法王の御来寺5周年記念を祝って特別に建立され納められたそうです。

歴代の回向柱は木の色のまま、もしくは白色なのに対し、命の回向柱は真っ赤な色で染められており、触れると長寿が得られるとされています。

なお、この命の回向柱は、日本で西方寺にしか存在しないそうです。

えっ?!回向柱のお守りがある!?

実は、善光寺の回向柱にはお守りが販売(授与)されています。

種類も「ミニ回向柱」と呼称されるストラップ守りから、本物の回向柱を小さくしたようなお守りまであります。

しかし、これらのお守りは御開帳の時にのみ授かることのできる限定のお守りとなっており、通常では授かることができません。

つまり7年に1度しか、授かることのできない貴重かつ超レアなお守りと言うことになります。

なお、これらのお守りは少し特殊なお守りで7年間の有効期限があるお守りとなっています。

7年間の有効期限と言うことは、お分かりの方もいらっしゃると思われますが次回の御開帳の時まで有効と言うことです。

すなわち、次回の御開帳の時に、またお守りを授かって、これを繰り返すといったことになります。

回向柱のお守り

善光寺・回向柱

回向柱のお守りの種類

  • 小・中・大・特大
値段(サイズにより異なる)

  • 小1000円・中3000円・大5000円・特大10000円

回向柱のお守り(ストラップ)

ミニ回向柱

回向柱のお守り(ストラップ)の種類

  • 金・木製・黒・赤
回向柱のお守り(ストラップ)の値段

  • 各850円
回向柱のお守りの購入場所(授与場所)

  • 善光寺・本堂前の授与所・その他の善光寺の授与所
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ